TOP > 坐骨神経痛を知る > 坐骨神経痛の判断基準

坐骨神経痛の判断基準

坐骨神経痛の判断基準の難しさ、それは個人個人で痛みの度合い・痛い部位が違うことにあります。

痛みの度合い…歩こうとすると激痛が走る/歩くこともできるが、絶えずピクンピクン電流が走っているような状態が続く。

痛い部分…腰だけでなく、背中・足全体に及ぶこともあります。

坐骨神経痛になられた方は、口々にこう言われます…「坐骨神経痛は痛みだけでない、口では言い表せないもどかしさもある。」「それこそ、坐骨神経痛になった人にしか伝わらない痛みがある。」…それほど坐骨神経痛は、人生で最も辛い経験の1つでもあるのです。
ここに、坐骨神経痛になられた方々の「痛みの度合い・痛い部位の判断基準」を元に、作られた統計表があります。
もし、このチェック項目で該当するものが多いようなら、坐骨神経痛を発症している恐れがあります。

1.お尻から足にかけて、激しい痛みを感じたことがある。
2.数年前から、背中に電気が走ったような痛みを感じる(何度も)。
3.ずっと便秘に悩まされている。
4.長期間、腰部に痛みを感じることも…そして、歩けなくなるほど、痛みを感じることもある。
5.重い物を持ち上げようとすると、腰だけでなくお尻全体に痛みを感じる。
6.長時間立つ/座ると、腰部に痛みが生じ動けなくなることもある。
7.長時間歩くと、腰だけでなく背中にも痛みを感じる。
8.咳・くしゃみをすると、腰から背中にかけて鋭い痛みが走る。
9.睡眠中、腰から背中にかけて急に痛みが起こり、動けなくなることもある(姿勢も変えられなくなる)。
10.朝、起床しても腰から背中にかけての痛みが治まらない。
11.1日の終わり、足全体がジンジンし身動きとれなくなることもある。

上記の1~11の判断基準は、初期~中期にかけての症状です。
重度の症状を発症した場合…坐骨神経痛で神経痛を患うと、足を引きずるような姿勢で歩く(跛行[はこう])・痛みのある側の血行が悪くなり、冷たくなる・坐骨神経痛による痛みが長期間続くと、運動疾患になりお尻の筋肉が委縮する…このような重篤な症状を引き起こす場合もあります。
坐骨神経痛の判断基準、これはあくまでも一部分に過ぎません(一番大まかな症状)。
もし、みなさんが11項目の中5項目、当てはまるようなことがあれば、すぐに専門医で診断を受けることをお勧め致します。
坐骨神経痛は、「いずれ治るだろ」という症状ではないのです。
坐骨神経痛の判断基準、少しはご理解していただけたでしょうか。