TOP > 坐骨神経痛を知る > 坐骨神経痛~梨状筋の緊張が原因~

坐骨神経痛~梨状筋の緊張が原因~

坐骨神経痛を引き起こす原因の1つに、梨状筋の緊張が挙げられます。
(※梨状筋(りじょうきん)…骨盤の仙骨から、股関節の外側にくっついている筋肉をいいます。)

では坐骨神経痛を引き起こす梨状筋は、どのような原因によって緊張してしまうのでしょうか。

最も多い原因は、運動です(=ランニング)。

運動の基本行動でもあるランニング=股関節の屈伸を繰り返すスポーツをする場合、坐骨神経を摩擦し続け…結果として、坐骨神経痛を発症する原因となっているのです。
(※ちなみに、机などの角にお尻をぶつけることによって(外傷)、梨状筋が緊張し坐骨神経痛を発症する場合もあります。)

梨状筋の緊張による坐骨神経痛の場合、痛みの場所を自分の指で指し示すことができます(=痛みの場所を、比較的簡単に見つけることができます)。。

そして梨状筋の緊張が軽度である場合、その部分を揉みほぐすことによって緩和することができます。

しかし梨状筋の緊張が重症である場合、梨状筋に対して外科的処置をしなければなりません。
(※通常は上記の施術で緩和できますが、それでも緩和しない場合、梨状筋の神経異常/腫瘍等々が隠れている可能性もあります。)

梨状筋の緊張が原因による坐骨神経痛は、比較的軽症と捉えられていますが、根深い原因が潜んでいることも考えられるため慎重に見極めることが必要です。