TOP > 坐骨神経痛を知る > 立ち仕事、座り仕事、どっちが悪い?

立ち仕事、座り仕事、どっちが悪い?

「立ち仕事、座り仕事、どっちが悪い?」と聞かれると、ジッとしているなら立ち仕事も座り仕事もどちらも腰への負担は大きいのです。
坐骨神経痛の要因は、長時間筋肉伸縮のバランスが崩れた状態が習慣化して強いては骨盤の歪みを引き起こし、余計に片方の筋肉ばかりに負担のかかる姿勢が楽になり腰痛や坐骨神経痛を引き起こすのです。

例えば、スーパーのレジ等その場で立ちっぱなしの場合、疲れてくるとどちらかの足に体重を乗せてダランと立ってしまいがちです。体重のかかった筋肉側ばかりに緊張状態が続きます。この姿勢が習慣化すると骨盤も歪み、さらにその姿勢が楽になって筋肉のバランスはますます悪循環になってしまいます。このようにならないよう、せめて頻繁に体重をかける足を替えて筋肉の緊張のバランスが壊れるのを防ぎましょう。

また、座り仕事も同じです。肘よりも高い位置でデスクワークをすると、肩が上がった状態で首が前に出てしまい、首一点に頭の重さがのしかかります。そうすると首から肩や背中にかけて筋肉が常に緊張状態となり、肩コリがひどくなります。猫背になれば背骨のバランスを保つために下部の腰椎周辺に負担がかかり、筋肉の伸縮のバランスも崩れた状態が長時間続くことになります。これを防ぐには、椅子を高くして肘かけ付きの椅子で90度に曲がるようにすれば、肩をダラントした状態になり、顎が自然と引き締められ姿勢が良くなり、頭の重さが分散され首・肩・背中の緊張が無くなります。さらに膝を90度に曲げて床に足を付けて座ると安定します、なお、せめて1時間に1回は休憩をして筋肉の身長をほぐすことをお勧めします。