TOP > 坐骨神経痛を知る > 坐骨神経痛と接骨院

坐骨神経痛と接骨院

日本古来の「古武術」「古武道」が原形に流れている治療法、それが接骨です。
接骨も独自の観点から、坐骨神経痛の改善に有効だと言われています。
もともと接骨の対象症例は、骨折・捻挫・肉離れ・脱臼・寝違い・腰痛等々、関節や筋肉の機能不全を回復させるものでした。実際今でも、野球・柔道等々のスポーツ選手のリハビリテーションに、多大な役割・影響を担っています。

では、接骨による坐骨神経痛の改善法は、どのような施術を行っているのでしょう。
接骨が、よく勘違いされる治療法があります。それは、整体とカイロプラクティックです。
接骨と整体・カイロプラクティックの治療行為自体は、ほとんど変わることはありません。
診察・問診から始まり、触診・視診・触診・処置へ…。
しかし、整体・カイロプラクティックの手技療法は、身体の矯正にあることです。身体の歪みを手技療法で改善していきます。方や接骨は、筋肉や関節の鎮痛・消炎・緊張の緩和、血行促進を目的として手技療法を行っているのです。
あくまでも関節・筋肉の生理的機能…つまり、関節の円滑な動き・関節の可動域拡大・痛めた筋肉の増強をすることで、それぞれの部位を治療します。
そして現在、東洋的治療法を位置づける接骨も、大きな治療に対する変化も伴ってきています。
それは、西洋的運動療法を積極的に取り入れていることです。
電気療法・熱療法・光線療法・物理的エネルギー療法…これらの運動療法に独自の手技療法をミックスさせ、様々な症状に改善をもたらしているのです。

坐骨神経痛…それは腰痛の一種に過ぎません。
接骨では首から足まで、すべての関節の可動域を広げることで、関節を本来の状態(以上)に復元させます。そして独自の手技療法によって、弱っている筋肉・炎症している筋肉を修復し、以前より強い筋肉群を作り上げます。坐骨神経痛の場合も同様です。腰部~臀部の関節の可動域を広げた後、筋肉増強を行っていきます。

そして、手技療法で身体を構築させながら、西洋的運動療法「温熱療法」を組み入れていく…
和洋折衷とも言える治療方法が、最新の接骨だと言えるのです。
また1つ加えておくならば、接骨の施術ではレントゲン撮影をすることはできません。
何故なら接骨は「医師」ではなく、「柔道整復師」が施術者となるからです。
仮にレントゲン検査が必要になる場合は、最寄りの医療機関を紹介する形になります。
西洋医学と融合を果たした接骨…今後、様々な症状が改善・回復されていきます。