TOP > 坐骨神経痛を知る > 坐骨神経痛は、保険適用されるのか?

坐骨神経痛は、保険適用されるのか?

整形外科で腰痛の診察を受けた場合、全ての治療において健康保険適用の診療報酬となります。

そもそも、健康保険制度は、厚生労働省の指定を受けた病院・診療所で行われる医療行為の診療報酬について定められた制度です。ですから、厚生労働省の指定を受けた病院・診療所によって医師によって行われた治療行為以外のものには適用されないのです。

つまり、厚生労働大臣が認めた国家資格の資格保持者が行った整骨院・鍼灸治療院・接骨院で行われた、マッサージや鍼灸の施術は、厚生労働大臣が認める医療行為ではないのです。ですから、原則として、整骨院・接骨院・鍼灸治療院で行われた国家資格者の施術は、治療と認められた医療行為ではないので、健康保険適用外なのです。

しかし、「治療の一環として医師が同意書を発行した場合に限り、整骨院や治療院でのマッサージ・鍼・灸の治療も療養費とみなす」といった内容の通達によって、一部例外として健康保険の適用が認められています。
だからマッサージや鍼灸の治療を受けたい場合は、まず整形外科で医師の診断を受けて医師に同意書を発行してもらいましょう。

それに、ガンやその他、内科的要因で腰痛が起こっていることもあるので、まず医師に相談することをお勧めします。

但し、医師の同意書は、有効期限が3ヶ月ですから、3ヶ月ごとに整形外科の診察が必要となります。また、医師の同意書があっても、病院との提携がない治療院では、いったん全額支払って、後から市区町村で自己負担額を超える金額の“償還払い”という支払い形式となることもありますので、行きたいマッサージや鍼灸治療院の窓口で施術費用について、初めに確認することもお勧めします。