TOP > 坐骨神経痛を知る > 坐骨神経痛と日々の予防

坐骨神経痛と日々の予防

坐骨神経痛にならないためにも、常日頃の予防が重要になってきます。
急に重い物を持つ・中腰の状態を続ける等々はもちろんのこと…そして、一番重要な予防は自分自身に対する「固い意志」です。
「固い意志」は、何か難しい技術・知識が必要な訳でもありません。
では「固い意志」とは、何を指しているのでしょうか。それは自己管理=体重です。

自分の体重を減らすこと=腰への負荷も軽減→坐骨神経痛を引き起こす様々な腰痛(ギックリ腰・椎間板ヘルニアなど)の予防になるからです。当然、逆もありきです(体重増加=腰への負荷が増→坐骨神経痛を引き起こす様々な腰痛を患う可能性が高まります)。
つまり、「固い意志」を持って体重管理(食事管理)をすることが、坐骨神経痛を予防する重要なキーポイントになるのです。

「固い意志」に付随して、ウォーキング・ストレッチも重要な日々の予防になります。
ウォーキングは、腰に負担をかけない最も優れた全身運動です。

ストレッチ…特にストレッチ腰痛体操は、腰の柔軟性をアップさせると同時に、腰・お尻の筋肉を付けることになります(柔軟な筋肉)。
また知らず知らずの内、坐骨神経痛を引き起こす「きっかけ」になる行動を、坐骨神経痛予防の観点から意識することも重要です。
例えば咀嚼(そしゃく)…人はそれぞれ、噛む時の癖があります(右の奥歯だけで噛むとか)。
できることなら、左右均等に奥歯を使って咀嚼するようにしてください。

また咀嚼と同じように、バックなどを持つ手も癖が出ます(右手でしか鞄を持たないとか)。左右均等にカバンを持つことで、身体の歪みを矯正することも出来るからです。
長時間椅子に座る時も、心掛けが必要です。もちろん、正しい姿勢で座っていれば何も問題ありません。しかし、人は無意識に楽な姿勢を取ろうとします。
「背筋を伸ばして、両足の踵(かかと)をしっかり床につける。そして1時間おきに軽くストレッチを行う…」

また、両方の坐骨に左右均等に体重を掛けて座るように心掛けてください。
人は骨盤の歪みから、若干なりとも左右の足の長さが違います。つまり、右足が短い人は右側の坐骨に体重をかけ過ぎて座っているのです。
基本姿勢として、まず左右均等に体重を掛けることが必要です。
このように坐骨神経痛に対する日々の予防は、際限なく有ると言えます。
その中でも私たちは坐骨神経痛にならないために、「腰に負担をかけない」「体重を含めた自己管理の徹底」「何事においても左右均等」を心掛けるべきです。
これを予防し続ければ、坐骨神経痛に悩まされることはありません。