TOP > 坐骨神経痛の治療方法 > 腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症

腰椎とは、脊椎の下部の椎間板を挟み連なっている骨盤に仙骨で繋がっている5つの骨部分です。そして腰椎内部の神経が通っている脊柱管が細くなって神経を圧迫して痛みを発する病気です。
特徴的な症状は「間欠性破行(かんけつせいはこう)」です。症状は、まず背筋を伸ばして歩くと腰椎の脊柱が細くなって神経を徐々に圧迫し、しびれ等の症状が出てなお歩き続けると痛み始めます。痛みが我慢できなくなって、前かがみになったり座ったりすると腰椎内の脊柱管が広くなり神経が圧迫されなくなり痛みから解放されます。

「間欠性破行」は進行すると、歩き始めて痛みが激しくなるまでの時間が徐々に短くなり、さらに進行が進むと5分立っているだけでも痛くなり、最悪立っていられなくなります。さらに進行すると、下腿筋肉も委縮し、車椅子生活になる恐れもあるので要注意です。
また間欠性破行は、下肢に血流障害を引き起こす「閉塞性動脈硬化症」でも起こるので「腰部脊柱管狭窄症」との区別が必要です。前者の原因は動脈硬化による血管閉塞ですから、四肢の動脈拍動を触診で確認できます。腰部脊椎管狭窄症は、X線・MRI・CT検査が有効です。
日常生活で脊柱管を少しでも広くするよう前かがみ姿勢や手押し車や杖を使うなどして症状の軽減を工夫できます。腰椎が伸びないようなコルセットを身につける方法もあります。
一般的な鎮痛剤や血流を促進する血流改善薬も使われます。痛みが強い場合は神経ブロックも行います。さらに理学療法も、それでも効果が無い場合は手術療法もあります。
間接性破行の症状に気付いたら早期発見が重要です