TOP > 坐骨神経痛の治療方法 > 腫瘍による、坐骨神経痛様症状

腫瘍による、坐骨神経痛様症状

坐骨神経痛は病名ではなく、腰痛やお尻の後ろから足先に至るまでしびれ・麻痺・痛み、それに伴う歩行障害を総称していいます。
坐骨神経痛は、運動して起こる場合と安静時にも痛い場合があります。間欠破行が生じ始めたら、神経症状が出始める前に早く病院に行きましょう。
もしかしたらその腰痛は癌が原因かもしれないのです。骨に腫瘍ができて神経を圧迫するもの、神経事態に腫瘍ができて神経を侵す場合も考えられるのです。だから早期に腰痛の原因をはっきりさせる必要があります。

腫瘍の場所や大きさによって神経を圧迫する場所が異なり、痛みもさまざまです。
良性の腫瘍は神経を圧迫する症状ですが、腰椎に悪性腫瘍ができると、その腫瘍は腰椎を破壊し、脊椎狭窄症・腰椎分離症・滑り症等さまざまな病状の進行をたどります。しかし、骨の腫瘍は悪性の場合が多いので他の臓器からの転移の可能性が大きく、中でも唾液腺癌、前立腺癌からの転移の可能性が高いといわれています。癌を確定するために、全身の内蔵のMRI検査も必要となります。

一方、馬尾神経に腫瘍ができた場合は概ね良性です。腫瘍が大きくなるにつれて足の麻痺やしびれ感等神経症状が出始めます。良性でも大きくなって神経を圧迫すると激痛を発しますので、生活に支障が出始めるようなら手術で摘出する必要があります。
しかし馬尾神経摘出手術は、神経を触るので後遺症の心配もありますが、後遺症を恐れて逃げていても、加齢とともに良性腫瘍は大きくなって最終的に摘出手術が必要です。
腰に違和感がでたら、自己診断をするのだけは避け、とにかく整形外科で検査をして腰痛の原因を特定するのが一番です