TOP > 坐骨神経痛の治療方法 > 病状編-6)椎間板ヘルニア

病状編-6)椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは、腰椎に挟まれた椎間板の中の骨髄が飛び出してしまう病気です。その骨髄が飛び出した方向にある背骨周りの神経を刺激して激しい痛みとなって症状が現れます。
この背骨周りの神経は骨盤の中から出ている坐骨神経という足先まで繋がっている末梢神経に繋がっていて、椎間板から飛び出してしまった骨髄が大きく出っ張ってしまうと背骨周りの神経だけでなく末梢神経までその刺激は伝わってしまいます。その結果腰痛だけでなく坐骨神経痛を引き起こすのです。坐骨神経は脚先まで通っていますので、後太ももや脹脛や足先までの神経痛となりますので、安静時にも痛みやしびれ等の神経症状が現れます

この椎間板ヘルニアの原因は、腰椎のズレによって椎間板が押しつぶされてしまうからです。この腰椎のズレの原因は猫背で、上部のズレは支えるために下部に行くほど左右前後にズレルことで腰椎が一番大きくずれるのです。反対に骨盤が歪むことで、仙骨が傾き、仙骨の上に乗っている5つの腰椎もそれにつられて腰椎もズレ、背骨のバランスを保つために上部の骨も少しずつずれていきます。どちらも積木のバランスと同じです。
このような腰椎のズレによって椎間板が圧迫されて耐えられなくなると隋液が椎間板から飛び出してしまうのです。こうして椎間板ヘルニアができてしまうのです。
椎間板から骨髄が飛び出してしまう原因は腰椎のズレや傾きばかりでなく、椎間板の老化で椎間板の膜に弾力が無くなって、ちょっとした圧迫でも骨髄が出やすくなってしまうのです。こうして骨髄が飛び出たことで椎間板が傾き、腰椎の傾きを一層ひどくする場合もあります