TOP > 坐骨神経痛の治療方法 > 妊婦さんの坐骨神経痛

妊婦さんの坐骨神経痛

大切な赤ちゃんをお腹の中ではぐくむ妊婦さん…本当に大変だと思います。
しかし、産まれくる赤ちゃんの喜びがあるからこそ、いろいろな事に耐えることができるのだと思います。そういった中で、多くの妊婦さんが悩まされている症状があります。それが坐骨神経痛なのです。

「妊婦さんが坐骨神経痛になるの?」と、思われるかもしれません。しかし実際、多くの妊婦さんからの相談があります。
妊婦さんの坐骨神経痛の症状は、とにかくお尻がだるい(痛いという表現と異質です)・腰もだるい・太腿の裏側まで痺れる等々があります。
では何故、妊婦さんが坐骨神経痛になってしまうのでしょう。
妊娠すると女性の身体は、大きく変化します。その一番の変化として、骨盤が歪むことにあります(お尻回りが一段とふっくらしてきます)。
お尻の真ん中には、仙骨があります(腰骨)。その骨の回りを囲む仙腸関節が動くことで、骨盤も歪んできます。(普段、仙腸関節は動くことはありません。しかし、妊娠による女性ホルモンのバランスが崩れることで、仙腸関節が動くようになります)

つまり、骨盤に歪みが身体のバランスを崩し、坐骨神経痛を引き起こしてしまうのです。
また妊婦さんの大きなお腹も、坐骨神経痛の原因の1つとして挙げられます。重心が下がることで、坐骨が圧迫されます。それが引き金となり、坐骨神経痛を発症する…。
こうした妊婦さんの坐骨神経痛に対して、ある産婦人科ではビタミン剤・温湿布を処方、そしてある産婦人科では「赤ちゃんに悪影響を及ぼす」ということで、何も処方されない病院もあります。だから、妊婦さんは坐骨神経痛のような症状にならないために、常日頃から心掛けの準備をしておく必要があります。

坐骨神経痛を引き起こさない方法として、腰部~臀部の筋肉を和らげ(緊張を解く)強くする必要があります。(もちろん、坐骨神経痛を発症してから腰部~臀部の筋肉を鍛えれば、痛みを改善することが出来ます)
例えば妊婦さんのためのヨガ・マタニティスイミング等々に積極的に参加することで、腰部~臀部の筋肉を強化…そして、その場を妊婦さん同士のコミュニティとして活用すれば、妊婦さんしかわからない悩みなども共有することもできます。
妊婦さんの坐骨神経痛は妊娠中期~後期にかけて発症することが多く、その痛み・辛さは個人差もあります。

しかし出産後、ほとんどの女性の坐骨神経痛は治ると言われています。
妊娠中は大変だと思いますが、妊婦のみなさん、頑張って元気な赤ちゃんを産んでください。