TOP > 坐骨神経痛を知る > 坐骨神経痛は何科へ行くべき?

坐骨神経痛は何科へ行くべき?

症状によって何科に行くか決める

坐骨神経痛になった場合は症状ごとに何科に行くか判断しましょう。以下、主な判断基準を示します。

・外的要因のせいで痛みが出ている場合

これは激しい運動をしたり、重いものを持ったりして坐骨神経痛が発症した場合などです。この場合は骨折や脱臼などの可能性があります。整形外科に行きましょう。少しの違和感でも後にひどくなることもあるので、症状が出たら早めに受信しましょう。

・重いものを持つなどの事故の後から徐々に痛くなってきた場合

炎症性の捻挫や腰骨・骨盤の異常も考えられます。このような場合でも整形外科に行けばよいでしょう。

・外傷があるや事故を受けていないのに痛みがある場合

この場合で動かしていなくても痛みがあるならば、感染症や内臓異常の可能性があります。内科で診断を受ける必要があります。内科で腫瘍・内臓異常・感染症などの検査を受けます。

・神経系の症状がある場合

神経系の症状(=頭痛、めまい、麻痺などの神経が障害を受けた時の症状のこと)がある場合は脳疾患の疑いがあります。したがって、脳神経外科の受診を受けます。

坐骨神経痛は特定の病気からなるものではない

坐骨神経痛は臀部・大腿部・下腿部にかけて痺れ・痛みなどの症状を指します。この坐骨神経痛になる原因は多数存在し、一つの病気からなるものではありません。例としては骨折や脱臼などはっきりとした原因から内蔵異常によるものまで、様々です。

したがって一つの病院で判断することは難しいとされています。治療の効果があまり出ない場合や検査で異常がない場合は他の科にいくことも視野に入れましょう。もしかすると坐骨神経痛の新たな要因が見つかるかもしれません。